福岡小1殺害 なぜ母が子を…罪認め号泣

2008年9月22日(月)

ちょっと真面目で重い話です。 自転車のお仲間でご興味のある方はご覧下さい。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080922-00000008-maip-soci
やるせない事件です。

母親に殺されたのは、弘輝(こうき)君(6)。
漢字は違いますが、私の息子もコウキ。この事件に関しては感情移入してしまいました。
母親に殺された息子さんは、軽度の発達障害があったのだと.....
語弊があるかもしれませんが、典型的障害者と違い(この表現は議論の余地ありですがあえて存在を知らない方の為に使用します。
反論は一切受付けません。<---まぁこんな事に神経質になること事態が異常だと思うのですがね.....) 
発達障害とは一見障害が無いように見えるので(実際には個人差があります)誤解が多いように思います。

ニュースを深読みすると..... 
母親は真面目な方で自身で全てを抱えてしまう性癖があったりではないかと.....
性癖というと悪いイメージのように聞こえるかもしれませんが、決して批判ではありません。
日本国では、障害児を持つと逃げ場はありません。国の批判ではなく
他国との制度・文化の違いであり比較です。良い悪いを言うつもりはありません。
日本を飛び出して他国で障害児を育てている逞しい夫婦もたくさん存在します。
クドイようですが、あくまで比較です。良い悪いではありません。
純粋に海外組の話を聞いて羨ましいのは制度よりも文化です。
人々が助けてくれるのです。誰でも助けてくれるのです。
言ってしまえば些細な事なんですよ。
「地下鉄のエレベーターは障害者やお年寄りが優先」 当り前に聞こえますが......
日本ではどうでしょう? 

文化はこの程度なのか..... 自分自身が文化人なんて言うつもりはありません。
息子が生まれるまでは、障害者の存在自体を意識どころか無視していた位です。

ちょっとそれました.....
この母親は日本の制度・文化 そして.....
自分の親族にさえ理解されなかったのだと思います。 これはツライ事です。

私にも経験があります。
残念ながら.....数年間は自分の両親も理解してくれませんでした。
今は良き理解者ですが、当時は..... 自分自身でさえ 息子の障害を受け入れるのに
3年かかりました。

父親と母親の違いは何か?
生めるか否か? かと思います。
※語弊があったらすいません。批判一切受付けません。

父親の理解が及ばない位に母親は罪悪感を感じています。全てかどうかはわかりません。
少なくとも我妻は感じていたはずです。近くに居たら理解できる内容です。
不幸な事に父親でも理解不能?というか理解拒否?
受入拒否して離婚する夫婦も知っている限り多いような気がします。

今回の事件については、正直な話 深く同情します。
しかし、殺しては..... 自分自身で追い込んでしまった.....
周りが追い込んでしまった..... 

今回のBlogは、母親をある意味擁護してます。あえて。

いろんな想像をしていますが、今のこのご時世にPTA役員をやる人がいますか?
何とか息子の事を理解してもらおうとしていたのではないか? なんて想像したりします。私。

日本には何が足りないのか?
というか、日本人には何が足りないのか?
改めて日本人の想像力の乏しさを嘆くような事件..... 
我が身の事のようにいろんな事を考えさせられた事件です。


【参考までにニュースのコピーを下記に転記】

福岡小1殺害 なぜ母が子を…罪認め号泣

拡大写真

捜査員に付き添われ、顔を隠して実家を出る富石薫容疑者(左)=福岡市で2008年9月22日午前8時25分、野田武撮影
 福岡市西区の公園で近くの同市立内浜小1年、富石弘輝(こうき)君(6)が殺害された事件は発生から5日目、母親が逮捕されるという、やるせない展開になった。子育てに熱心で、PTA役員も務めていた薫容疑者(35)。「なぜ、わが子を……」。関係者は言葉を失った。

 ◇事件後、遺体にすがる姿

 「トイレに行った間に、子供の姿が見えなくなった!」。事件当日の18日、薫容疑者はそう言って、現場の公園にいた人たちに助けを求めた。約30分後、捜索に加わった人が、トイレの外壁と柱のすき間で息絶えた弘輝君を見つけると、顔が黒ずんだ弘輝君にすがりついて泣いた。救急車で病院に向かう間は、ずっと弘輝君の名を呼び続けた。20日の葬儀では出棺前、薫容疑者が弘輝君の頭をなで続ける様子が参列者の涙を誘ったという。

 弘輝君は軽度の発達障害があったとされ、小学校では特別支援学級に通っていた。同級生の母親は入学式の後のクラス懇談会で、あいさつした時のことをおぼえている。「(薫容疑者は)最後にあいさつし『うちの子は落ち着きがないところがあるので、迷惑をおかけすることがあるかもしれません』と泣き出しそうな顔で話していた」という。

 学童保育を通じ薫容疑者と付き合いがあった保護者は「子育てにはご苦労されていた。2学期から『子供と一緒に過ごしたい』と(会社事務の)仕事を休業し、学童保育には来なくなっていた。相談できる人がいなかったのではないか」と話す。

 薫容疑者は事件後、福岡県内の実家に身を寄せていた。22日午前8時過ぎ、ワンボックス型の捜査車両が到着し捜査員数人が入って任意同行を求めた。玄関を出た薫容疑者は草色のパーカを着て顔をすっぽりと覆い、うつむいて重い足取りで車に乗り込んだ。

 弘輝君の葬儀翌日の21日、福岡県警の捜査員は任意の事情聴取で薫容疑者に「本当のことを聞きたい」と告げた。「私がやりました……」。薫容疑者はそう打ち明けると、せきを切ったように号泣したという。やがて落ち着くと、自分が病気であることや、子育てに悩みがあって将来を悲観していたことなどを語り始めたという。
[PR]
by okadama8 | 2008-09-23 00:28 | その他

2008年2月〜2014年4月


by Aパパ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30