息子10歳  やはりVIVA自転車だね~

2008年11月30日(日)~12月1日(月)

e0141290_20514818.jpg

10年前の今日。
妻が緊急帝王切開。
手術前、医者に言われた言葉は、

「 奥様の命を優先させますがよろしいでしょうか? 」

その時は まだ見ぬ子よりも 苦しんでいた妻が痛々しく.....
「妻を助けて下さい! 」 と、言ったような.....

手術後、ナースルームに入っていったナースが仲間に首を振る姿が見えた。

「アカンのや..... 」

この時、何故か息子の お墓の事を考えていた。
名前も無く、お墓に入るのは可愛そうだ..... という根拠。
そうすると不思議な事に名前が思い浮かび.....

「 稀(希)マレにみる幸せな子..... 」
「 幸希と名付けよう 」

直ぐに両親に相談...というよりも 今思えば強要してるようなもんです。(笑)


視線を感じたのか? 首を振ったナースが、バツが悪そうに私に近付いてきた。

「奥様は、無事です。息子さんは、生きています。後ほど先生が説明に参ります。」
とのこと。 生きていたんだ。 良かった.....本当に良かった.....

1時間後、先生からの説明が保育器の中に入る息子の目前で行われた。

「 最善は尽くしましたが、今晩 もつかどうかはわかりません。」

残酷な言葉と共に目の前には、
口から肺まで呼吸器を突っ込まれ、その管が、抜けないよう 顔面にテープを
ベタベタとはられ 手足は点滴の管だらけの息子。
胸は、呼吸器が入れる空気の一定のリズムで大きく膨らんだり萎んだり・・・

体重 1072g 身長 36cm 頭囲 26cm 胸囲 23cm 
緊急帝王切開 仮死 ~ 蘇生

あれから10年。
命を諦めた父親は、まるで息子に操られるように生きております。
自分自身でいろいろと考えてやってきたつもりなんだけどね。
何となくそんな気がしてなりません。

今回も息子に操られて?温泉へ。 (笑)
場所は伊豆熱川。 いい宿だった。
e0141290_21543744.jpg

e0141290_21553169.jpg


息子が誕生していなかったら このチャキチャキ娘も生まれていなかったような気が.....
e0141290_21563455.jpg

e0141290_21592241.jpg


誕生日の朝日。 ジ~ンとくるね~ いい朝日。 ありがとう!
e0141290_2202869.jpg


息子用チャイルドチェアも来年は小さくて厳しそう。
いよいよトレーラー探しを本格的にしなきゃね~

10年の節目に自転車があって本当に良かった.....
皆さんありがとう!

P.S.
旅行記はAママBlog
[PR]
by okadama8 | 2008-12-01 22:24 | 自転車

2008年2月〜2014年4月


by Aパパ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30